海外FXでハイレバを掛けて小額でリターンを大きく狙う事ができます

  海外FX.com(エフエックス ドットコム)  
海外FX.com 海外FX業者 トレード商品 プラットフォーム その他記事

ナスダックを海外FXで取引するコツ

ナスダックはアメリカを代表する株価指数の一つで世界で一番有名なインデックスであるNYダウと異なりベンチャー企業・新興企業が上場している市場です。株価指数を海外FXで取引ベンチャーと言っても名前を知らない企業だけではなく、世界的に有名なハイテク企業が上場しています。その中にはalphabet(アルファベット)(google(グーグル))・apple(アップル)amazon(アマゾン)intel(インテル)Tesla(テスラ)等があります。

ココではアメリカのベンチャー市場であるナスダック指数について書いていきたいと思います。

NASDAQ(ナスダック)100指数とは

アメリカのベンチャー市場における平均株価になります。

ナスダック指数は単にナスダックと呼ばれる事も少なくなく、値動きは日本におけるベンチャー市場JASDAQに影響を及ぼしたりします。

ナスダック指数は単に市場に上場している平均株価と言うわけではなく構成銘柄における「金融セクター以外」の業種でなおかつ時価総額の高い銘柄が選ばれています。

海外FXで取引できるのもこれに当てはまり、ナスダック100は海外FXにおけるUS100となります。

ナスダックのボラリティー

アメリカ国内外からハイテク関連の指数として注目されているナスダックは大きなボラを持っているといえます。

同じアメリカには指数銘柄としてNYダウやS&P500などもありますがそれに比べると大きな値動きを持っていることも特徴と言えるでしょう。NYダウを海外FXで取引指数のレートが上下しやすい銘柄として一般的に知られているようです。

ナスダックはボラが大きい指数だと言う事を覚えておくといいかもしれません。

海外FXでナスダックを取引する場合はボラやレートの大きさを考えてロットを少なめにエントリーするほうが賢明と言えるでしょう。

ナスダック組み入れ銘柄

Apple Inc.:アップルコンピュータAdobe Systems Incorporated:アドビシステムズAutodesk, Inc.:オートデスクAkamai Technologies, Inc.:アカマイAltera Corporation:アルテラApplied Materials, Inc.:アプライド・マテリアルズAmgen Inc.:アムジェンAmylin Pharmaceuticals, Inc.:アミリンAmazon.com, Inc.:アマゾンドットコムApollo Group, Inc.:アポロ・グループActivision, Inc.:アクティビジョンBed Bath & Beyond Inc.:ベッド・バス・アンド・ビヨンドBEA Systems, Inc.:BEAシステムズBiogen Idec Inc:バイオジェン・アイデックBiomet, Inc.:バイオメットBroadcom Corporation:ブロードコムCadence Design Systems, Inc.:ケイデンス・デザイン・システムズCDW Corporation:CDWコンピューターCelgene Corporation:CelgeneCephalon, Inc.:CephalonCheck Point Software Technologies:チェックポイントソフトC.H. Robinson Worldwide, Inc.:C.H. Robinson WorldwideCheckFree Corporation:チェックフリーComcast Corporation:コムキャストCostco Wholesale Corporation:コストコCisco Systems, Inc.:シスコシステムズCintas Corporation:シンタスCognizant Technology Solutions C:Cognizant Technology SolutionsCitrix Systems, Inc.:シトリックス・システムズDell Inc.:デルコンピュータDiscovery Holding Co:ディスカバリー・ホールディングEchoStar Communications C:エコスターコミニケーションeBay Inc.:イーベイLM Ericsson ADR:LMエリクソンElectronic Arts Inc.:エレクトロニック・アーツExpress Scripts, Inc.:エクスプレス・スクリプツExpeditors International of W:Expeditors International of WExpedia, Inc.:エクスペディアFastenal Company:Fastenal CompanyFiserv, Inc.:ファイサーブFlextronics International Ltd.:フレクストロニクスGenzyme Corporation:ジェンザイムGilead Sciences, Inc.:ギリアドサイエンシズGoogle Inc.:グーグルGarmin Ltd.:ガーミンIAC/InterActiveCorp:インタラクティブコープInfosys Technologies Limited:Infosys Technologies LimitedIntel Corporation:インテルIntuit Inc.:インターシルIntuitive Surgical, Inc.:インテュイティブJuniper Networks, Inc.:ジュニパーネットワークスJoy Global Inc.:ジョイ・グローバルKLA-Tencor Corporation:ケーエルエー・テンコールLamar Advertising Company:Lamar AdvertisingLiberty Global CL-A:リバティグローバルLiberty Media Corporation:リバティメディアLinear Technology Corporation:リニアテクノロジーLogitech International S.A.:ロジテックLam Research Corporation:ラム・リサーチLevel 3 Communications, Inc.:Level 3 CommunicationsMicrochip Technology Incorporated:マイクロチップテクノロジーMillicom International Cellular S.A.:Millicom International CellularMonster Worldwide, Inc.:モンスター・ワールドワイドMarvell Technology Group, Ltd.:マーベルテクノロジーMicrosoft Corporation:マイクロソフトMaxim Integrated Products, Inc.:マキシムIPNII Holdings, Inc.:NII HoldingsNetwork Appliance, Inc.:ネットワークアプリアンスNVIDIA Corporation:NVIDIAOracle Corporation:オラクルPaychex, Inc.:ペイチェックスPACCAR Inc.:パッカーPatterson Companies Inc.:Patterson DentalPETsMART, Inc.:ペッツマートPatterson-UTI Energy, Inc:Patterson-UTI EnergyQUALCOMM Incorporated:クアルコムResearch in Motion Limited .:リサーチインモーションRoss Stores, Inc.:ロス・ストアーズRyanair Holdings plc:ライアンエアーStarbucks Corporation:CephalonSepracor Inc.:Sepracor Inc.Sears Holdings Corporation:シアーズSigma-Aldrich Corporation:シグマ・アルドリッチSirius Satellite Radio Inc.:Sirius Satellite RadioSanDisk Corporation:サンディスクStaples, Inc.:ステープルSun Microsystems, Inc.:サン・マイクロシステムズSymantec Corporation:シマンテックTeva Pharmaceutical Industries L:テバファーマシーTellabs, Inc:テラブスUAL Corporation:ユナイテッド航空Virgin Media Inc.:ヴァージン・メディアVeriSign, Inc.:ベリサインVertex Pharmaceuticals Incorporated:Vertex PharmaceuticalsWhole Foods Market, Inc.:ホールフーズマーケットWynn Resorts, Limited:ウィン・リゾーツXilinx, Inc.:ザイリンクスXM Satellite Radio Holdings Inc.:XM Satellite RadioDENTSPLY International Inc.:デンツプライYahoo! Inc.:ヤフー
組み入れ銘柄は以上100となります。海外FXの中にはこの中で個別株を取引できる業者もあります。

海外FXにおけるナスダック

海外FXでも多くの業者でナスダックを取引する事は可能です。海外FXの中には指数取引を行っている人もいますが多くの場合NYダウもしくは日経平均がほとんどです。日経平均を海外FXで取引ナスダックを取引している人はあまり聞いた事がありません。しかしナスダックはNYダウや日経平均と比べるとレートの変化も大きく儲ける事ができる商品といえるでしょう。

海外FXで指数取引をする場合はナスダックも候補に入れておくといいのではないでしょうか。

因みに海外FXにおいてNASDAQ100と書いている業者はほとんどありません。多くの場合US100と書いているので注意しましょう。

ナスダック指数が動く時間帯

ナスダックは24時間いつでも大きく動いているわけではありません。大きく動く時間帯は限られていてアメリカ市場がオープンしてからになります。

ロンドン市場がオープンしてからもある程度は動きますがアメリカ市場がオープンする22時ごろの値動きにはかないません。

エントリーするのはアメリカ市場がオープンする前後にするほうがいいでしょう。

逆に早い時間、朝や昼などに指数取引をするなら日経平均がオススメになります。

海外FXでナスダック組み入れ銘柄の個別株はないのか

海外FXにおいて個別株を取引できる業者はほとんどありません。ほとんどといったのはある業者も存在すると言う事です。

ナスダック組み入れ銘柄例えばテスラやグーグル・マイクロソフト・アドビ・アマゾンなど個別株で取引したい、こういった個別株をハイレバで取引したいなら「iFOREX」がいいでしょう。

20年の歴史を持っているiFOREXは銘柄も豊富ですし高額出金の実績も沢山あります。FXや指数だけでなく個別株も取引対象と思っている方はiFOREXで口座を開設すべきです。海外FXで株式取引

ナスダック組み入れ銘柄の特徴

iFOREXのような個別株を扱っている業者で扱っているナスダック組み入れ銘柄は世界的に有名企業が多いです。

大企業の株は大きなボラを持っていて値動きもFXに比べて大きいので大きく儲ける可能性があります。

とはいっても株を取引するわけですからFXと違い時間が限られている事には注意する必要があります。

ナスダックは儲ける事ができる

レートの変化が激しく大きなボラも持っているナスダックは儲ける事ができる指数と言えるでしょう。

ボラが大きいと言われているポンド円などと比べてもナスダックはボラを持っているといえるでしょう。

大きなレートの変化を持っていると言う事は儲ける事ができる商品といえるでしょう。

ボラが大きな商品を探しているならナスダックを候補に入れておくといいでしょう。ボラが大きい商品をトレード
ナスダックはアメリカを代表するハイテク指数として世界中で取引されています。ボラも期待できる商品ですから大きく儲ける事も期待できます。

海外FXではほとんどの業者でナスダック指数は取引可能となっています。指数取引を始めてみたいまたボラが大きな商品で取引したいという人はナスダックを取引対象としてもいいのではないでしょうか。