海外FXクラブ  
海外FXクラブ
XM
海外FX業者 トレード商品 プラットフォーム その他記事

海外FXで株式取引

株式取引は近年ネット環境の発展と共に身近なものになってきました。楽天証券やSBI証券・松井証券などで口座を開設したらスグに取引できます。

海外FXトレーダーの中には株式に興味を持っている人も少なくないでしょう。

トレーダーとして成功している商品の中では株式が圧倒的に多いためです。以外とFXは少ないのではないでしょうか。

FXで大成功を収めた人として有名な人はジョージソロスをあげる事ができますが株式にはもっと多くの人がいます。BNFもCISもその中に入るでしょう。

トレーダーとして大きく儲ける為に株式は切っても切り離せないと言えます。

海外FXでは株式は取引する事ができないのでしょうか。解説していきたいと思います

海外FXでも株式取引を行う事ができる

海外FXは為替通貨ペアをはじめとして株式指数やCFD先物など様々な取引商品を用意していますが株式を扱っている業者を見つける事ができない人も少ないでしょう。

海外FXの中にはほんの少数ではありますが株式取引を行う事ができる業者も存在します。

20年の長い間日本人に利用されている「iFOREX(アイフォレックス)」とabook(エーブック)業者として信頼されている「Trade view(トレード ビュー)」です。このほかにも扱っている会社はありますが信用度と言う点でこの2社に絞らしてもらっています。

どちらも全ての株式を扱っているわけではありませんが、多くの銘柄を選択する事ができます。

海外FXを使って株取引を行いたい場合は2社のうち「iForex」をオススメします。iforexは高額出金者を多数輩出していると言う理由です。

いずれにしても海外FXを使って株式取引を行う事は可能だと言う事です。参考ページ:iFOREXiFOREXで今すぐ口座開設今すぐクリック

株式取引の魅力

株式取引の魅力は何といっても1日の値動きが大きい事でしょう。

ドル円などでは1日に100pisp(1円)値動きする事は珍しいです。ポンド円でも200pips(2円)程でしょう。参考ページ:海外FXでも人気のあるポンド・ポン円ドル円の場合レートが100円だとして100pisp動くと1%の値動きになります。ポンド円が1GBP/130jpyの場合2円動くと1.5%程です。

チャートを見ていると大きく動いているように見えますが割合で考えると大きく動いているわけではありません。

その点株式は3%~5%の値動きも珍しくなく為替通貨ペアよりも大きく動いている事がわかります。

株は儲かる

株式取引の値動きが大きいと言う点は「株式取引の魅力」を読んでいただいてわかったと思います。

大きく値動きする分、株は儲ける事ができると言えるでしょう。

FXやCFD先物のように24時間トレードできる訳ではありませんから時間を決めてトレードに打ち込むことができると言うメリットも株にはあります。

海外FXの株式取引はハイレバでエントリーできるか

海外FXユーザーにとって株式取引でもハイレバでトレードできるのかと言う点はかなり気になるでしょう。

iFOREXを例に挙げると最大レバレッジ400倍ですが株式の場合は20倍となっています。

国内の証券会社で信用取引をする場合、最大レバレッジは3倍となっています。国内の最大レバレッジの7倍ほども高いレバレッジで取引できる海外FXの株式取引は十分ハイレバといえるでしょう。

世界中の株式を取引する事ができる

iFOREXのように株式をあつかっている海外FXは世界中の株式を取引する事ができます。アメリカ株や日本株イギリス株・ドイツ株・フランス株など多種多様な国の銘柄が用意されています。

上場している全ての銘柄で取引できる訳ではありませんが有名な企業例えばヴィトンやベンツ・アマゾンやグーグルなどもトレード対象になっています。

もちろん日本株用意されています。日本株も全てではありませんが多くの企業のものがあります。

海外FXの株式取引は証券会社のものと違う

海外FXの中には株を使って取引する事ができる業者もありますが、国内の証券会社のような取引をするわけではありません。あくまでもCFD(差金決済)の一種となっています。

ですからスプレッドもあります。実際に保有すると言うより持ったポジションの差額で利益をあげていくタイプになります。

この為証券会社で見る事ができるような、歩み値や板情報を海外FXでは見る事ができません。見たい人は国内証券会社で口座を開設しておく必要があります。

海外FXだけの情報で見れるものはチャートとそれに付随する情報のみとなります。

海外FXの株式取引がCFDの1種だと言っても、持っている株式に対して配当金を受け取る事ができます。決済日にポジションを保有しておく必要がありますがロングポジションを持っていると配当金が支払われます。

オーバーナイト金利

海外FXでトレードしている人の中でもCFDでトレードした事がない人はあまり「オーバーナイト金利」を知らないでしょう。FXでいうスワップのようなものです。

このオーバーナイト金利は日を跨いで持ち越すとかかってきます。海外FXの株式の場合ロングでもショートでもマイナスになる傾向が高いので覚えておく方がいいでしょう。

海外FXの株式の取引時間

海外FXで取引している人は24時間好きな時間にトレードできるというイメージを持っている人も多いでしょう。

しかし株式に限っては時間が限られています。

上場している市場の取引時間にしか株は取引する事ができません。

東京の市場に上場している株で取引しようと思ったら9:00~15:00(途中休憩あり)までですし、NY市場に上場している株はNY市場の取引時間(日本時間22:30~5:00 サマータイム時は-1時間)になります。

ロンドン市場に上場している株なら16:00~00:30になります。

時間外の時間帯は休場になりますのでエントリーする事もポジションをクローズする事もできなくなります。
株とFXどちらがいいかと考える人も海外FXトレーダーの中にはいるでしょう。どちらにもいい面はあります。優劣はつける事ができないでしょう。

株のほうが大きく儲けた人が多いという事を考えるとFXよりも儲けやすいと言う事ができるかもしれません。

海外FXの中には「iFOREX」のように株式取引を行う事ができる業者も存在します。(海外FXのなかではiFOREXが株の銘柄数も一番多いのではないでしょうか)

海外FXに興味を持っているアナタが株式取引にも興味を持っているならこういった海外FXを今すぐ利用するといいでしょう。海外FXなら株式だけでなく色々な商品をハイレバで取引する事ができます。