海外FXでハイレバを掛けて小額でリターンを大きく狙う事ができます

  海外FX.com(エフエックス ドットコム)  
海外FX.com 海外FX業者 トレード商品 プラットフォーム その他記事

海外FXの時間

日本に住んでいると国内の時間で生活していますが、海外FXはオフショアと言う性質上、日本時間で動いていないケースがほとんどです。

初めて海外FXをする方や海外FX初心者の方は時間が全く違うので混乱してしまう事も少なくありません。初心者の為の海外FXガイド海外FXで取引をする前に時間の事について知っておく必要があります。

ここでは海外FXでの時間について書いていきたいと思います。

取引の時間帯

FXを始めたばかりの人はあまり知らないかもしれませんが、取引には時間帯と言うものがあります。

これはFXだけでなく先物などでも共通する事ですから覚えておくほうがいいかもしれません。

取引の時間帯には大きく分けて3つ存在し東京時間・欧州時間・アメリカ(NY)時間と言うように分類されます。

これは世界中にある大きな市場がオープンする時間帯となり売買が活発に行われるのでボラがでる可能性が高くなります。

東京時間:日本時間9:00~15:00

欧州時間:16:00~24:00(サマータイム時17:00~25:00)

NY時間:22:00~6:00(サマータイム時23:00~7:00)

欧州時間とNY時間は被っている箇所があります。22:00~24:00までの時間帯が2つの市場が被っているのがわかると思います。

この時間帯は1日のうちで最もボラが出る時間帯となりますから大きく儲ける事ができる時間帯となります。

海外FXでも儲ける事にボラは必要ですから取引をするにはこの時間帯は逃せないと言えるでしょう。ボラが大きい商品をトレード

海外の時間

海外FXの時間帯はGMTタイムを基本としています。イギリスのグリニッジ標準時を基準としている業者がほとんどですから覚えておく方がいいかもしれません。

日本の標準時間はGMT+9となっています。GMTタイムで午前9時のときは日本時間の18時になります。

サマータイム

海外FXの初心者はあまりサマータイムの事は知らないかもしれません。しかしサマータイムに関しては知っておく必要があるからです。

何故かというと指標発表時間に影響を及ぼす事があるからです。いつもはこの時間に発表されているのに何故今日は発表されていないのだろうと調べてみるとサマータイム時だったりするケースが多々あります。

サマータイムは取引をするにあたって基本的な事ですから知っておく必要があるといえます。

海外では日照時間が長くなる夏を有効的にするためにサマータイムと言うものを導入しています。仕組みは簡単で時計を1時間進めるだけです。

サマータイムの実施する時期にはずれがありますから知っておく必要があります。

1.米国式サマータイム実施時期:3月第2日曜日~11月第1日曜日
2.英国式サマータイム実施時期:3月最終日曜日~10月最終日曜日

サマータイム時には通常とは違う1時間の誤差が生じますから取引時間にも影響を及ぼします。

海外FXではGMTを使っていない事が多い

MT4などを見てみるとわかりますが、現在のGMT時間を調べてもMT4の時間とあっていないケースがあります。

ほとんどの海外FXの場合GMT+2になっているケースがほとんどです。

海外FX大手のXMでもスキャルピングのプロが多いAXIORYでもGMT+2になっているので注意しておきましょう。海外FXでスキャルピング

海外FXで日本時間を使いたい場合

海外FXである程度取引しているとGMT+2に慣れてきてあまり不便は感じませんが中にはどうしてもMT4に日本時間を表示したいと言う人もいるでしょう。

そういった人はMT4に日本時間を表示するインジケータを入れるといいでしょう。

こういったインジケータは無料で提供されている事が多いですからゲットしてもいいのではないでしょうか。
海外FXで取引する前に日本時間で進んでいないと言う事を知っておく方がいいです。

知っていても取引に不利になる事はありませんが知らないと不利になってしまう事も考えられるからです。

海外FX取引しているとGMT+2時間には慣れてきますのであまり不安になる必要はないと思います。

ただしサマータイムに関しては覚える事が難しいと思います。これは日本に導入されていないものなので仕方ないことだと思います。

サマータイムがあると言う事は知っておいて指標発表時などには事前に日本時間で何時に発表されるのかを調べておくといいでしょう。