海外FXクラブ  
海外FXクラブ
XM
海外FX業者 トレード商品 プラットフォーム その他記事

海外FXでポジションを持ち越す

トレードしているとポジションを持ち越す事が往々にしてあります。

週末にポジションを持ち越す際には気をつけておきたい注意点や潜在的なリスクが潜んでいます。

海外FXの金曜日(日本時間では土曜日の早朝)市場が閉まるタイミングでポジションを保有しているメリットやデメリットなどについて書いていきたいと思います。

ポジションを持ち越すとは

週末になると海外FXをはじめ国内FXなど全ての市場でトレードする事ができなくなります。

市場が閉まっている状態の時にはエントリーする事はもちろんクローズする事もできません。売買が行われていない状態ですから当たり前です。

唯一トレード可能な商品として仮想通貨をあげることができます。仮想通貨は土日でもトレード可能な商品として海外FXの副業とレーダーにも人気があるようです。

株に関していうとFXよりもポジションを持ち越す事は頻繁にあり市場が売買できる時間が決まっていますから当日→翌日であってもポジションを持ち越す事になります。

ポジションを持ち越すとはエントリーしたまま、市場がクローズした状態と言えるでしょう。

窓開け

窓開けという言葉をご存知ですか。市場がしまってから次に市場がオープンした時、ローソクの終値と始値に隙間が開いている状態です。

下に窓が開いている状態をGD(ギャップダウン)上に窓が開いている状態をGU(ギャップアップ)といいます。

なぜこういった窓が開いた状態ができるのかと言うと、時間外取引などで注文が多くなり始値が高い状態で始まるまたは低い状態で始まるためです。

FXでは多くの場合、休みを挟む週末に窓開けが生じますが、エキゾチック通貨ペアなどの場合平日にも起こったりします。

またレートが飛んだりするほど大きな値動きがした場合にもギャップが出ることがあります。(スイスフランショック・ギリシャ金融危機・イギリスブグレジット時など)

市場が止まっているFXでなぜ窓明けが起きるか

週末売買が止まっているとFXは言われているのに、なぜ週明け窓が開く事があるのでしょうか。

海外FXや国内FXは完全に止まっています。(仮想通貨を除いて)しかしトレードを行っている場所も少なからずあります。

イスラム圏のバーレーン市場です。バーレーンの市場は土日でもトレードができており取引がされています。

市場規模はさほど大きくありませんが何か市場を揺るがすような事態が発生した時には大きく動きます。海外FXのチャートは止まっているので値動きは確認できませんが。

多くのファンドなどはこういった時バーレーンの市場で取引をするのでしょう。こういう理由でFXには窓が開くわけです。

一般トレーダーは動いているとしても何も手を打つことができませんので注意してください

ポジションを持ち越すリスク

ポジションを持ち越した場合、トレードに対して何も手を打つ事ができない状況にあります。週末に何かが起きる可能性は0ではありません。

地震が起きたり内戦が起こったりする可能性も0ではないわけです。何かが起きるかもしれませんし起きないかもしれません。

エントリーしている方向に窓開けをすれば爆益になりますが逆に動いてしまうとゼロカットになってしまうリスクを持ち越しは潜在的に抱えています。

ポジションを持ち越すメリット

ポジションを持ち越すと方向があっていた場合、爆益になっていたりします。コレがメリットだといえるでしょう。

海外FXでポジションを持ち越す際の注意事項

ハイレバを掛ける事ができる海外FXには窓開けを狙ってポジションを持とうとするトレーダーもいるでしょう。

ゼロカットを逆手にとってあたれば爆益、逆になってもゼロと言うトレード手法です。

こういったトレード手法を禁止している海外FX業者もあります。海外FXの中でも大手と言えるXMは「週明けのギャップを狙ったトレードは禁止」しています。

ギャップを狙ったトレードかどうかを判断するのは各海外FX業者ですが、ギャップ狙いばかりのトレードしていたらダメと言う事でしょう。

集中的にギャップを狙ったトレードだけをしていたら口座が凍結される恐れもありますから利用規約を再度確認しておく方がいいかもしれません。

FXにおける今までの最大のギャップ

FXにおける窓は100pipsほど開く事があります。今までに大きく窓が開いていたのは2017年のイギリスがブグレジットでもめていた時です。

休み中に色々な憶測や噂が流れ市場がオープンした時には250pipsほど窓が開いていたようです。

ポジションを持ち越してポン円ショートに入れていた人は爆益になったことでしょう。笑いが止まらなかったと思います。
週末の持ち越しはどういうリスクが潜んでいるかがわかったでしょう。またメリットもある事がわかったと思います。

海外FXのなかには持ち越し特に「集中的にギャップを狙ったトレード」を禁止している業者もあります。

全てがダメと言うわけではなく自然な感じでポジションを持ち越していたなら問題は無いと思います。週末の持ち越しはビックリするような利益があったりします。

全てポジションをクローズするのではなくたまに持ち越してもいいのかもしれません。