海外FXクラブ  
海外FXクラブ
XM
海外FX業者 トレード商品 プラットフォーム その他記事

NDD方式とDD方式の違い。どちらがいいか

FXにはDD方式とNDD方式と呼ばれる取引方法があります。

この2つの方法はどういった違いがあるのでしょうか。またトレーダーの不利になる取引方法はどちらか、どちらの取引方法を採用している業者の方がいいのかという点について書いていきたいと思います。

NDD方式とDD方式どちらがいいか

海外FXでもNDD方式とDD方式どちらがいいかという議論がかわされている事が多いです。NDD方式とDD方式どちらがトレーダーにとっていいのでしょうか。

結論を言うと信用できる海外FXならNDD方式とDD方式どちらでもいいとなります。

ではどうやって海外FXを信用できるかどうかを見極めるかと言う話になります。見極めポイントは以下の通りとなります。
  1. 日本人トレードは多いか
  2. 運営は長いか
  3. 出金実績はあるか
  4. 悪評はないか
  5. ボーナスは用意されているか
  6. 最小入金額は小額でいいか
  7. レバレッジは適切か
  8. 日本語サポートはあるか
  9. 日本人スタッフはいるか



信用できる海外FXならNDD方式とDD方式どちらでもいいという理由について以下に書いていきたいと思います

DD方式とNDD方式の違い

海外FX業者だけでなくFXでトレードするには「トレーダー・海外FX業者・インターバンク」があります。

トレーダーはエントリーする人あなた自身です。海外FX業者は取引を仲介する業者。インターバンクは注文を流す場所なります。

DD方式の場合、トレーダーの注文をインターバンクに流すか呑むかをディーラーが決定します。全ての注文をインターバンクに流す必要が無いとなります。

NDD方式の場合、トレーダーの注文をそのまましてインターバンクに流します。

これがDD方式とNDD方式の違いです。

NDD方式

海外FXにおいてNDD方式は透明性が高いと言われていいます。海外FX業者が流すかどうかを決定せずにインターバンクに注文を流しているとされているからです。

DD方式では注文をインターバンクに流さない決定をできます。注文を呑んだ場合「海外FX業者 VS トレーダー」と言う構図が出来上がってしまいます。

NDD方式はこういったノミ行為を行う事ができず「海外FX業者 VS トレーダー」と言う構図は成り立ちません。海外FX業者とトレーダーの利益が相反しないので透明性が高いと言われているのです。

しかし本当にNDD方式を取っていると確認できる方法があるのでしょうか。トレーダーからはNDD方式でもDD方式でも注文されているのは同じですから確認の使用がありません。

DD方式

DD方式はあまりよくないと言われていますが本当にそうなのでしょうか。

DD方式がよくないとされている理由として「海外FX業者 VS トレーダー」と言う構図が出来上がっているためストップ狩りやレートずらしが行われると噂される為です。

これを行っている業者もあれば行っていない業者もあるでしょう。冷静に考えると「ストップ狩りやレートずらし」を行っているとユーザーつまりトレーダーが離れていってしまいます。

トレーダーが離れるような行為を何年も海外FXをやっている業者が行っているとは考えられませんよね。

こういった理由でNDD方式でもDD方式でも結論はどちらでもいいとなります。

NDD方式でもDD方式どちらでもいいわけ

海外FXのほとんどはスプレッドによって儲けを出しています。これはDD方式でもNDD方式でも違いがありません。つまりトレーダーがいないと儲けが出ないわけです。

トレーダーが離れてしまうと会社の存続に関わってしまうわけです。

悪い噂の無い業者は「DD方式でもNDD方式」でもどっちでもいいとなりませんか。NDD方式が完全に有利ならDD方式だと言われているiFOREXのトレーダーの多さや高額出金が多い説明がつきません。

つまり、トレードに関してさほど影響を与えないと言えるので注文方式は気にする必要がないとなります。
結局はNDD方式でもDD方式方式でもどっちでもいいのです。出金できて正常なトレードができる海外FXであればいいわけです。

NDD方式がいいとかDD方式は業者が信用できないなどと不毛な議論をするよりどこの海外FXが信用できるかという議論の方が有意義だと思いませんか。

レートが同じならどちらでもいいと思いませんか。

アナタが今から海外FXを始めようと思っているなら注文方式にこだわるのではなく、信用できる海外FX選びに力をつくしましょう。