海外FXクラブ  
海外FXクラブ
XM
海外FX業者 トレード商品 プラットフォーム その他記事

大きくレートが動くGDPは海外FXトレーダーにも人気のある指標

各国の指標時は大きくレートが動くのでFXトレーダーも活発にエントリーします。

GDPが発表される時は関連している国の通貨ペアや商品先物、ゴールド、株式数などが大きく動く事があります。

GDPの結果により大きく動いたレートに乗る事ができれば大きな利益を手にする事ができるでしょう。

GDPとは

GDPとは日本語で書くと「国内総生産」となります。GDPはが前年度非や前回非と比べて発表されます。

GDPは当該国の決められている歳月や期間の間に生産された物・サービスの価値を合計して算出したものです。

その国が言って期間に利益となります。GDPが前月よりマイナスとなるとマイナス成長となり、プラスになっていると成長している事になります。

GDPが注目される理由

その国がどれだけ成長しているか今後成長の余地があるかをしる指標となる為GDPは大きな指標として注目されています。

企業で考えると分かりやすいですが、赤字が続いている企業や成長のみこみがない企業の株を買う事はあまりしないと思います。投資対象からははずれてしまいますよね。

これと同じでGDPの成長が鈍化している国はショートになりやすく、株価指数もショートになる傾向にあります。

国家の利益の分かりやすい指標としてGDPは注目されていると言えるでしょう。

どの国のGDPが注目されているか

世界で投資対象となっている国や世界経済に大きな影響を及ぼす国のGDPは注目されやすい傾向にあり、発表されるとが大きくレートが変化します。

特に世界経済に大きな影響を及ぼす国、例えばアメリカやEU・中国などのGDPが発表されると色々なトレード商品に影響を及ぼします。

GDPの人気がある国には以下のものがあります。
  1. 米国(アメリカ)
  2. 中国
  3. EU
  4. ドイツ
  5. イギリス
  6. 日本
アメリカアメリカのGDP発表は世界各国に影響を及ぼします。NYダウはもちろんドルストレートの通貨ペアなどが大きく動く傾向が高いです。
また経済状況が悪化しているとゴールドが大きく買われたり原油が大きく下がったりあらゆる商品に影響を及ぼす指標です。

発表時間は日本時間で21時頃~22:30頃に発表される事が多いでしょう。
中国
中国は現在世界的に投資が行われている国です。投資マネーだけでなく工場や会社なども世界中から集まっています。その為中国のGDP発表は注目される事が多いでしょう。
中国の指標はあまりあてにならないと言われていますがそれでもレートが大きく動く可能性が高いです。

発表時間は日本時間で朝に発表される事が多いでしょう。
EU
EUは国ではありません。加盟しているヨーロッパ諸国の経済圏となります。加盟している国には先進国が多く、GDPもかなり注目されているでしょう。
経済規模が大きい経済圏の発表となりますから。レートが大きく動く可能性が高いです。特にユーロドル・DAX・ユーロ円・ユーロポンドなどは大きな値動きを見せる可能性が高いですから注目です。

発表時間は日本時間で夕方18時ごろに発表される事が多いでしょう。
ドイツ
ドイツはEUに大きく影響を与えている国として知られています。ドイツはEUの経済状況にも多大な影響を与えていますからEUのGDPと共に注目されています。

EUのGDP発表と同じくユーロに関係する通貨ペアが大きく動く可能性が高いです。特にユーロドル・DAX・ユーロ円・ユーロポンドなどは大きな値動きを見せる可能性が高いですから注目です。

発表時間は日本時間で夕方17時ごろに発表される事が多いでしょう。
イギリス
EUから脱退して何かと話題になったイギリスは大きなマーケットを抱えている国です。イギリスのGDP発表はポンドをメインにトレードしている人が注目する指標です。

大きくレートが動く事が珍しくないポンド円やポンドドルを使ってトレードしている人はドキドキしながらこの指標発表を待っているのではないでしょうか

発表時間は日本時間で夕方に発表される事が多いでしょう。
日本
日本でGDPが大きな変化を見せたときはニュースで速報で流されたりします。日本時間にトレードしている人は注目する指標と言えます。

トレード対象として選ぶとしたらドル円またはクロス円通貨・日経平均などが上げられます。特に日経平均は大きく動く事が少なくありません。海外FXでは多くの場合「日経平均(225)」でもトレードできますからGDP発表時にトレードしてみるのもいいでしょう。

発表時間は日本時間で朝に発表される事が多いでしょう。

海外FXでGDPトレードをしてみる

GDPのような大きな指標が発表される前はあまりボラが出ない事があります。アメリカのGDP待ちの時などはロンドン市場が開いても普段より値動きが活発でない時があります。

そういった時にはエントリーせずにGDP発表まで待ちましょう。

GDPの数分前に海外FXでハイレバを掛けてフルレバエントリーしてもいいでしょうし、発表後にトレンドを見極めてエントリーしてもいいでしょう。

またこういった大きな指標発表時はエントリーを見送ると言うのも一つの手です。

海外FXでGDPトレードする際の注意点

注意点としてGDPのように大きな指標が発表される時はレートが大きく動くケースがあります。サーバーが脆弱な海外FXを使っていたりすると、約定できなかったりリクオートされたりスリッページが起こってしまったりします。

またスプレッドが大きく広がってしまったりします。こういったトレードチャンスを逃さない為にサーバーが強い業者でトレードする事が必要です。

またレートが大きく動く事も少なくないですから負けても痛くない金額、0になっても後悔しないような金額を入金しておく方がいいです。

海外FXはゼロカットが基本ですから入金額以上の損失が出る事はありませんが、入金額が0になる事は往々にしてあるためです。
GDPのような世界中が注目する指標でのトレードはエキサイティングです。

ハイレバを掛ける事ができる海外FXならなおさらエキサイティングなトレードを行う事ができるでしょう。

大きく動く波に乗る事ができると、トレード資金を一気に増やす事ができます。また出金金額も一気に増やす事ができるでしょう。

アナタも今すぐ海外FXでGDPのトレードを体験しましょう