海外FXでハイレバを掛けて小額でリターンを大きく狙う事ができます

  海外FX.com(エフエックス ドットコム)  
海外FX.com 海外FX業者 トレード商品 プラットフォーム その他記事

クレカで入金できない場合

海外FXを使っていると入金方法は基本的にクレジットカードもしくはデビットカードで入金する人がほとんどだと思います。

海外FXの入金方法として銀行送金やBTC(bitcoin)での入金を受け付けている業者もありますが、トレーダーの大多数はクレカでしょう。

手軽でスグに決済できるのでクレカを使う事はわかりますが、近年クレカで入金できないケースも多いようです。

そういった時どうやって入金すればいいのかを知っておく必要があります。

ココではクレカが使えない場合、代替となる入金方法について解説していきたいと思います。

クレカが海外FXで使えなくなる理由

ほとんどの海外FXでは入金方法としてクレカを選ぶ事ができます。もちろんデビットも同じように使えるでしょう。

しかし実際に入金しようと思って手順どうりに進んでも決済できない事もあるようです。

近年そういったケースが多発しているようで、アナタのクレカが悪いと言うわけではないようです。JCBならわかりますがvisaやmasterカードでも同じような状況になっているので一概にクレカが悪いとは言えないでしょう。

クレジット会社は独自に規制をかけて海外FXに入金できないように制限をかけている事が原因となっているようです。
クレームが原因となっているケース海外FXでトレードを行っていて損失になってしまい「海外FXを詐欺として支払いを拒否する」ケースや文句を言うケースが起きたり返金を要求する人が増えたのがこういった要因のようです。
海外FXにしてもトレードは自己責任ですがこういった人も実際にいるようです。
海外FXの出金方式が原因となっているケース海外FXでは出金時に入金額までは入金手段に出金するという方法をとっている業者がほとんどです。
10万円クレカで入金して20万円勝つとします。出金する場合20万円のうち10万円は入金したクレカに戻されます(キャンセル扱い)。

出金時にこういった事が海外FXでは多発するのでクレカの利用がNGになっている事もあります。
海外FXは日本の金融ライセンスを取得していない為海外FXの良いところはハイレバとゼロカットでしょう。日本の金融ライセンスを取得してしまうと最大レバレッジは25倍に、追証はありとなってしまいます。こういった制限を避けるために海外FXはあえて日本で金融ライセンスを取得していないのでしょう。

この為金融庁から無登録で金融取引業を行っているものとして名指しで海外FX業者が上げられている場合もあります。

国内のクレカではこういった情報を元にクレカを使えない業者を選定しているのかもしれません。
理由はどうであれ実際にクレカを使えない事もありますから回避方法を知っておく必要があります。

銀行送金を使う

多くの海外FXでは銀行送金を受け付けています。銀行送金方法として各海外FX指定する口座へ送金すると言うものです。

送金が完了して入金が確認できると口座に反映されると言う仕組みです。

銀行送金の場合クレカに比べるとどうしてもタイムラグが発生しまいます。オンラインウォレットの使い方がわからないという方は銀行送金を選択するといいでしょう。

オンラインウォレットを使う

クレカの代用になる入金方法としてオンラインウォレットをお上げることができるでしょう。

入金手数料を取られることはありますが即時に反映されますしオンラインウォレットにクレカで入金する事もできます。

海外FXとでクレカ入金する時オンラインウォレットをかませると言うイメージです。

オンラインウォレットに対応している海外FX業者は少なくありませんので業者間の資金移動も行えますし便利です。

少し前にはNETELLER(ネッテラー)Skrill(スキル)等が代表的でしたが、現在はSTICPAYやBitWalletが主流になっています。

STICPAY(スティックペイ)を使う

スティックペイは海外FXでも広く利用されている入金方法です。クレジットカードでSTICPAYに入金する事もできます。

海外FXでは出金時の多くの場合、STICPAYで入金した金額だけSTICPAYに出金されると言う仕組みを取り入れています。

STICPAYから日本の銀行に振り込みもできますから口座を開設しておいてもいいでしょう。

STICPAYはXMやaxioryで使用する事ができます。XM(エックスエム)axiory(アキシオリー)で口座開設をしようと思っているなら同時にスティックペイも作っておく方がいいと言えるかもしれません。

STICPAYにはクレカで入金できますからクレカが利用できない時に代替できる入金方法と言えるでしょう。

BitWallet(

BitWalletは新しくできたオンラインウォレットになります。STICPAYのようにクレカでの入金に対応していますし国内銀行口座に出金することもできます。

特にBitWalletはiFOREXで主にトレードしている人は作っておいた方がいいでしょう。iFOREXはBitWalletに出金を対応しています。入金額以上の出金をBitWalletで行えると言う事です。

XMもBitWalletの入金に対応していますからiFOREXで得た利益をBitWalletに出金してそのままXMに入金するということもできるわけです。

海外FXに多い100%ボーナスがある場合はこうやってトレード資金を増やしていってもいいでしょう。残念ながらAXIORYではBitWalletを使用する事ができませんが、XmやiFOREXだけでなく海外FXに中には多くBitWalletに対応している業者もあります。

海外FXをはじめる際はBitWalletで口座を作っておくと便利です。

ビットウォレットの利点海外FX業者間の資金移動がカンタン資金移動がカンタンに行えると言う事は資金を管理する事が容易であるという事です。BitWalletが利用できる海外FXで口座を開設している場合に特に便利だと感じるでしょう。VISAやマスター以外のクレカの入金も行えるクレカにはVISAやマスター以外にダイナースやアメックスなど高級クレカブランドがあります。こういったカードでは海外FXに入金できないケースが出てきます。

BitWalletはダイナースやアメックスなども入金方法として対応していますから利用価値はありそうです。

現在のBitWalletはVISA・master・JCBでの入金はエラーがでてしまうようですが「ちょコムクレジット支払い」と言うものがあります。

コレを利用するとVISA・master・JCBでの入金も行えるようになっています。

BitCoin(ビットコイン)を使う

仮想通貨がでてきてから多くの人がbitcoinなどの仮想通貨を保有するようになっています。海外FXの中にはbitcoinでの入金に対応している業者もあります。

自分のウォレットにbitcoinを保有しているなら入金方法としてbitcoinを使うのもありでしょう。

クレカの入金の代替とはならないかもしれませんがこういった方法もあると言うことを覚えておくといいかもしれません。

海外FX大手のXMやAXIORYはbitcoinの入金にも対応していますからXMやAXIORYで口座を開設していて尚且つbitcoinを持っているならいいかもしれません。
現在の海外FXは業者によってクレカを使えないケースもあります。即時に決済できるクレカやデビットは便利ですが使用できないとしたら他の方法を試すしかありません。

クレカの代替となる手段はオンラインウォレットを使うと言う事がわかりましたか。STICPAY(スティックペイ)BitWallet(ビットウォレット)等のオンラインウォレットはクレカで入金できますからクレカの代替になると言えます。

海外FXの入金方法は他にも色々ありますが、まずはクレカもしくはデビットできなければオンラインウォレットを使うといいでしょう。

海外FXで儲ける為に元手を入金する事は欠かせませんからこういった方法を知っておくだけで対処可能になります。